Illustratorは、難しいと思っていませんか?
Illustratorを初めて使う方には、ペンツールの使い方が最も難しいとされる理由の一つですが、もう一つの理由として高性能で多機能だということもあります。
しかし、実はIllustratorパターンメイキングで使うツールやメニューの数は全体の1/5程度。
子供でも使えるような数です。
ここでは、パターンメイキングに必要なIllustratorのツールと機能を簡単にご紹介します。
これを知るだけでも、Illustrator習得のハードルがグッと下がるはずです。

使うツール数の比較

Illustratorにあるツール数は89個だけど…

Illustratorのツールパネルのアイコンの右下に▼が付いているツールには、格納されたツールが隠れています。ここでは全てを並べてみました。
点線で囲んだ部分のツールと格納ツールを合わせると89個になります。(2021年8月時点)
格納ツールも、ここでは全て表示してみました。

パターンメーキングに使うツールは18個

パターンメイキングでは最低18ツールを覚えるだけです。
18個のツールならパターンメイキングを練習するうちに、いつの間にか身につく数です
Illustratorのツールの中でも基本的なツールばかりで、習得難易度は低いものが殆どです。

イラレのメニューは数え切れないほどある

アプリケーションメニュー(ツールバー)の中にある各メニューをプルダウンすると、かなりのアプリケーションメニューがあり、更に▶が付いているところには隠れたサブメニューが出てきます。全て合わせると200以上となり、ここでは表しきれない為サブメニューの表示は省きます。

パターンメーキングに使うメニューは約40個

パターンメイキングで使うメニューです。サブメニューまでは表示しきれないので省いていますが、それらを含めても約40個程度で充分にパターンメイキングはできます。(求める作業内容によって若干の差はあります。)

このようにIllustrator全体の1/5程度のツールとメニューを覚えるだけで、パターンメイキングが出来るようになります。
これらのツールとメニューは利用頻度の高いものもあれば、滅多に使わないものもあります。なので、体感的には1/5すら使っていないように思えるはずです。難しいとされるペンツールも、パターンメイキングでは複雑な曲線描画が少ないため、コツさえつかめば手引き感覚で使えるようになります。また、この1/5のツールとメニューを覚えれば、Illustratorの基本を習得したとも言えます。
パターンメイキングが出来るようになったら、次はグラフィックデザインにも挑戦してあなたの可能性を広げましょう。